スポンサーリンク

【蜂の巣駆除体験記】スズメバチの脅威は冬の冷気で安全確実

ネタや独り言
スポンサーリンク

注:本記事にはアフィリエイト広告が含まれます。

 

この記事は蜂の巣駆除の体験記です

序文

秋には勇ましいぶんぶんという音が、空気を支配し、

大きなスズメバチの巣は小屋の周囲にとって脅威となっていました。

 

しかし、季節が移り変わり、冷気が訪れると、

蜂たちは静寂に姿を消しました。

 

一見平穏な冬の日常が訪れたかに見えましたが、

私たちの目に映るものはただの欺瞞に過ぎませんでした。

 

真冬になってもなお、残されたぬけの殻の蜂の巣が、

潜在的な脅威を秘めていたのです。

 

そこで、戦略的かつ巧妙な計画を練り、

冷気で仕留めるという挑戦的な作戦が、驚くべき成功を収めました。

 

この記事では、

秋のぶんぶんから、冷気で仕留める蜂の巣駆除の舞台裏に迫ります。

 

真冬でも逃れられず、巧みに立てられた罠の中で繰り広げられた作戦の全貌を

写真とともにお届けします!


 

蜂の巣除去の安全対策

  1. 適切な装備の着用:

    • 保護服: 長袖・長ズボンの保護服を着用し、蜂の刺されから身を守ります。
    • 手袋: 厚手の手袋を使用して手を保護し、蜂に刺されないようにします。
    • 帽子とマスク: 顔や頭部を保護するために帽子と顔を覆うマスクを着用します。


  1. 安全な作業場所の選定:

    • 蜂の巣が高い場所にある場合は、高所作業用の安全帯やはしごを使用し、作業場所を確保します。
    • できるだけ周囲に他の人がいないことを確認し、作業エリアを封鎖します。


 

  1. 適切な蜂駆除剤の使用:

    • 専門の殺虫スプレーを使用し、ラベルの指示に従って正確に噴霧します。
    • 夜間に作業すると蜂が巣にいない確率が高いため、巣を撃退しやすくなります。


  1. 早めの医療対応:

    • 蜂に刺された場合、できるだけ早く医師の診察を受け、必要に応じて適切な処置を受けることが重要です。


  1. 緊急時の対処法の把握:

    • スズメバチなどの攻撃的な種類の蜂に遭遇した場合、速やかに安全な場所に避難し、救急サービスを呼び出す必要があります。


  1. 専門家への依頼:

    • 巣が大きく危険な場所にある場合は、専門の害虫駆除業者に依頼することを検討してください。


 

安全への意識は常に万全に

安全第一の意識を持ち、

適切な装備と手順を用いながら、

蜂の巣除去作業を慎重かつ確実に行うことが不可欠です。

 


 

いざ、実践!

現場に到着

この中に大きなスズメバチの巣があります。

 

キイロスズメバチの巣

秋は近づくことすら出来なかった大きな蜂の巣。

 

長い柄の鎌を振りかざす。。!

サクサクしてますがガッチリと固定されてます。

 

ボトっと手箕の上に

真冬は当然、ぶんぶんは死滅しています。

 

これが蜂の巣の根元だ!

ガリガリと削り落として綺麗にしましょう。

 

こんなにでかく育った蜂の巣を、

足をゆっくりと上まではこんで、、

 

一気に!

力はまったく入りません。足を添えるイメージで。

 

割れた中身は、、

まったく、なんの脅威もありません。

 

緊急ではない場所にある蜂の巣除去は、

これで完璧、安全です。

(秋からの仕込みが一瞬で終了)

 

まとめ

真冬の蜂の巣駆除は楽勝である。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました