スポンサーリンク

【冬の海釣り】指定野菜ブロッコリーは釣りの餌になるのか

ネタや独り言
スポンサーリンク

注:本記事にはアフィリエイト広告が含まれます。

 

テレビで、ブロッコリーを生で食べる農家の方が出ていました。

その農家の方が言うには、ブロッコリーは今後「ご飯の代わり」になり得る存在だと。

 

確かに万人受けな食材だけど、、

ご飯の代わりは言い過ぎじゃない!?

指定野菜への追加は50年ぶりの快挙らしい!

「森めいた部分」が個人的にツボ。

 

家庭菜園ではモリモリ生えてきますし、調理も簡単で栄養価も高い。

確かな万能感と信頼性があります。私もブロッコリー大好きです。

でわみなさん、ブロッコリーが釣り餌としても万能かどうかを知っていますか?

 

釣り好きの皆さん、もしお魚さんたちがブロッコリーで釣れるのであれば、

単純に嬉しい気持ちになりませんか!?

 

「ブロッコリーで釣りをする」

この記事はそんな記事です。


ブロッコリーと釣りと鷺

実釣

ブロッコリーを持って釣り場である防波堤にやってきました。

流石に真冬の海はむちゃくちゃ寒いですので、

いくらブロッコリーの旬が冬で寒さに強いとはいえ、防寒は万全にして臨みましょう。

四角い石の奥から鷺がずっとこちらを見ていました。

おそらく、冬の寒い時期に釣りをする人が少ないせいでお腹が減っているのだと思います。

しかし、こちらとしてもブロッコリーで魚が釣れる保証はどこにも無いので、

期待の眼差しをあまり向けないでもらいたいものです。

 

 

 

 

1時間経過

 

 

 

 

当然、釣れません。

アタリも全くなく、やはりブロッコリーは釣り餌にならないことがハッキリしました。

もったいないのでお腹を空かせている鷺に与えてみることに。

 

ブロッコリーに反応する鷺。

食べ物っぽいので近づいていく鷺。

この距離になって魚では無いことに気づき、、、

踵を返されてしまいました。

 

 

あと、注意してもらいたいのは、オモリをつけないと生のブロッコリーは浮くことです。

分かりますか?

 

ココです。

 

 

 

結論:生のブロッコリーは釣りにも鷺にも見向きもされません。

茹でたほうが美味しいのでオススメです!

 

 

 

⬇︎⬇︎⬇︎ 恒例の読まなくていいやつ ⬇︎⬇︎⬇︎

 

ブロッコリーと釣りの関係

食べられるのはお魚さん!?

ブロッコリーを美味しく育てるために古来より魚が肥料として使われてきました。有機質肥料として魚のカスは肥料としてとても優秀なのです。これでは、ブロッコリーはお魚さんたちよりも食物連鎖が上位と言っても過言ではないような気がしてきます。

魚カスとは

有機肥料の一種。鮮魚や缶詰工場、量販店の魚の残渣を再利用したものです。煮沸と圧搾によって脂肪と水分を抜き、乾燥させた後、肥料として市場に供給されています。この肥料は窒素が豊富であり、葉肥の要素が高い特徴を持っています。

リン酸の含有量は原料によって異なり、特に骨が含まれているものほど多くなります。動物性たんぱく質を含むため、分解が速く、油かすなどに比べると即効性があります。そのため、元肥としてだけでなく、栽培期間の長い野菜の追肥にも利用できます。

魚かすを元肥として使用する場合は、作付けの2~3週間前に施すことが推奨されています。ただし、この肥料には特有の臭いがあり、土表面に施肥するとハエなどが集まり、病害虫の原因になる可能性があるため、土中にしっかりと埋め込んで、よく土と混ぜて分解を促進させることが重要です。

冬の海で輝くブロッコリーの特徴

ブロッコリーの旬は冬です。年がら年中スーパーに出回っている理由は、全国各地での栽培が時期をズラして行われているのと海外からの輸入のためです。釣りの旬は冬以外なので、今回のチャレンジはお互いの長所と欠点を補い合う意味もあるのではないでしょうか。

新鮮で美味しいブロッコリーとは

・こんもりと密度が高く中央が盛り上がっている
・全体の緑色が濃くツヤツヤしている
・切り口がみずみずしい
・傷や変色がなくハリがある

釣り餌としてのブロッコリー

釣り場でのブロッコリーの選び方

ブロッコリーを使った釣りの基本テクニック

期待外れ?魚たちがブロッコリーを食べない理由

魚たちの好みとブロッコリーの相性

他の釣り餌との比較検証

 

もうこれ以上、書くことが出来なくなりました。🤣

 

 

教訓

お題を無茶すると、記事が書けなくなる。

 

 

 

 

○おまけ

鷺がイワシを食べるシーン

 

 

『記事化する前の、Chat GPTとのやりとり』

私:ブロッコリーを釣り餌にして魚を釣れるか、という記事はどうでしょうか?
ChatGPT

タイトル: “驚きの釣り餌!ブロッコリーで大物ゲットの裏技”

リード文: 釣り愛好者の皆さん、今回は少しユニークなアプローチで魚を釣り上げる方法をご紹介します。何と、釣り餌に使うのは一風変わった食材、ブロッコリーです!その驚くべき効果と、実際の釣りでの成果に迫ります。

ブロッコリーが魚を引き寄せる理由は、その独特な香りと色。これが、通常の餌に比べて魚の興味を引きつけるのです。では、どのようにブロッコリーを釣り餌として活用するか、詳しく見ていきましょう。

  1. ブロッコリーフック: 小さなブロッコリーの房を針に刺して、魚が喜んで噛みつく構造に。これにより、通常の餌と同じように利用できます。
  2. ブロッコリーペレット: ブロッコリーをペレット状に切り、水中に散布することで、周囲の魚たちにブロッコリーの存在をアピール。その後、フックに取り付けて誘引することができます。
  3. ブロッコリーダイプ: ブロッコリーを釣り糸に巻きつけ、水中で少しずつ漂わせることで、魚に自然な動きを見せ、興味を引きつけます。

実際の釣果については、多くの釣り師たちがブロッコリーを使用して良い結果を報告しています。特に、淡水魚や一部の海水魚が好んで食べることが確認されています。

この斬新な釣り餌のアイディアを活用して、新たな釣りの楽しみを見つけてみてください。ブロッコリーの活用法は広がり、意外な釣果が得られることでしょう。釣りと食材のアイディアを組み合わせ、ますます楽しい釣りライフをお楽しみください!

多くの釣り師たちがブロッコリーを使用して良い結果を報告しています。」

大胆な嘘をつかないで〜〜〜。

 

私:なかなか面白いですね。文章量や構成を大胆に増やしてみてください。
ChatGPT

タイトル: “ブロッコリー革命!釣りの新たなフロンティアを切り拓く”

リード文: 釣りの世界に新たな風を吹き込むべく、今回は通常の釣り餌に挑戦。ブロッコリーを魚の誘惑にどう活用するか、その驚くべき手法と実際の釣果までをじっくりとご紹介します。これまでとは一味違った釣りの楽しみを見つけませんか?

ブロッコリーの秘めた魚誘い力

ブロッコリーが魚を引き寄せるのは、その独特な香りと鮮やかな緑色が、水中で他の餌とは異なる存在感を放っているから。これに着目し、革新的な釣り餌としてブロッコリーを取り入れることで、新しい冒険が始まります。

ブロッコリーフック:繊細なテクニックの奥義

小さなブロッコリーの房を巧みに針に刺し、フックと組み合わせることで、まるで自然な餌かのように見せかけます。魚が興味津々で噛みつくその瞬間をキャッチするために、この繊細なテクニックが活躍します。

ブロッコリーペレット:水中でのショーマンシップ

ブロッコリーを小さなペレット状に切り、水中に散布することで、広範囲にブロッコリーの存在をアピール。これにより、魚の好奇心を引き起こし、その後フックを利用して積極的に誘導することができます。

ブロッコリーダイプ:水中バレエの妙技

釣り糸に巻きつけたブロッコリーを水中に投入し、微細な動きをつけて漂わせることで、まるで水中で踊るような鮮やかなダイプが生まれます。これにより、魚に独特な動きと色彩でアピールし、驚くべき反応を引き出します。

実際の釣果報告:ブロッコリーの勇姿

多くの釣り師たちが試した結果、ブロッコリーを使用して意外な大物をゲットした報告が続々と寄せられています。淡水魚や海水魚、さまざまな種類の魚がブロッコリーに惹かれ、釣り師たちの期待を超える反応を見せたと言います。

結びつけて楽しむ:釣りと食材のコラボ

釣りはもちろん、その後の調理も楽しい部分の一環。釣り上げたブロッコリーを美味しいレシピに活用することで、釣りの喜びをさらに広げましょう。新しい釣りのフロンティアを切り開く冒険が、これからの釣りライフを彩ります。ブロッコリーの魚誘い力を存分に堪能してください!

「釣り上げたブロッコリーを」

なんでブロッコリーが釣り上げられとるねん!

コメント

タイトルとURLをコピーしました