スポンサーリンク

【チェンソーマン48話】全話振り返りまとめ考察:ボンボンボン

藤本タツキ漫画
スポンサーリンク

注:本記事にはアフィリエイト広告が含まれます
引用:チェンソーマン単行本

 

ガチンコ勝負と完全敗北!!チェンソーマン最高!

ボムの悪魔であるレゼの強さをこれでもかというぐらい見せつけられた前回。
ここまでの最強感はこれまでのチェンソーマンには無かったですし、不死身属性プラス爆発の能力はあまりにチート感があります。笑

通常のデビルハンターはおろか、サメの魔人であるビームや暴力の魔人でさえも寄せ付けないフィジカルの高さ。
そしてレゼがヤヴァイほどセクシーな格好なのに、顔がボムなだけでここまで帳消しになるとは。笑

ようやく蘇ったデンジ。
よくある情景、「もう俺なんて、、、」な〜んてシーンにはなりません。
完全皆無。むしろ「逮捕だ!逮捕〜〜〜!」といつもどおりキレテル発言のデンジです。
デンジとレゼのガチンコ勝負がいよいよ始まります。振り返りましょう!

チェンソーマンを全巻揃えるなら電子書籍の「Kindle」で!

 

【第48話】ボンボンボン

爆発の応用

一発のパンチで大爆発を引き起こせるチートな能力を持つボムの悪魔。

しかもレゼは体術から戦略的な戦闘まですべてを叩き込まれた精鋭の戦士。

「応用ができてないね。チェンソーぶん回すだけじゃダメだよ」とアドバイスをするレゼ。
「もっと自分の力を理解しなくちゃ」

チェンソーに絡めた自身の指を地雷のように爆発させて攻撃をするレゼ。すごい。

前へ前へ

それでも爆発に全くビビらず持ち前の精神性でレゼに立ち向かうデンジ。

それを分かっていたかのようにカウンターで爆発の力を利用しデンジを空高く蹴り上げます。

見開きのシーン。
蹴り上げたデンジよりも速く、上空に行き足の爆弾での攻撃。
凄まじいスピード感で読者を惹きつけるなんともカッコイイ見開きの連続です。

デンジはなすすべもなく、完敗します。

チェンソーマンを全巻揃えるなら電子書籍の「Kindle」で!

れんぞく爆

最後の攻撃を喰らう前にエンジンを吹かしていたデンジ。
再生しようとしているところを、、、

なんどもなんども爆発の攻撃を与えるボムの悪魔。
これをあのレゼがしているとは・・!

あまりに執拗な攻撃。めちゃくちゃ悪魔的です。
解説より絵をみてください!笑

完膚なきまでにヤられたデンジ。
幾度の爆発で干からびたようになってしまいました。

屍の中で

それを見ているひとりの人間。
「悪魔・・・」と呟いています。
確かに今までにこれほどまで悪魔的な敵はいませんでした。

チェンソーマンの死体を持ち屍の上を歩くボムの悪魔。

そこに死体になりすましたアキが・・・!!

デンジを持っているレゼの左腕を切り落とすアキ。
未来の悪魔のチカラを身につけたアキVSボムの悪魔が始まります。

まとめ

今回は今までにないほどに戦闘シーンの描写でいっぱいでした。
なんというか、感想を書くことができません。笑
絵を見ているだけでカッコイイし、言葉が出ないとはこの事ではないでしょうか。

元々タツキ先生はファイパンの時から戦闘シーンを結構ハショる傾向があったように思います。
それがなんとも贅沢に!一話丸ごと、しかも悪魔人間同士の戦いをフルマックスで魅せつけてくれました。
感想というか考察のしようがない。
とにかく見てくれ!って感じです笑。

タイマンではあまりにも歯が立たない、戦闘能力の差が歴然すぎた今回。
次回、アキと特異課の精鋭たちが共闘してレゼに立ち向かいます
戦いの行方は、デンジとレゼはどうなるのでしょう。次回に続きます。

 

チェンソーマンを全巻揃えるなら電子書籍の「Kindle」で!

 

次はこちら!<<<<<【チェンソーマン49話】全話振り返りまとめ考察

【チェンソーマン47話】全話振り返りまとめ考察:逮捕!逮捕する!>>>>>前回はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました