スポンサーリンク

【チェンソーマン97話】全話振り返りまとめ考察「第一部公安編完!第二部は学校編?」

マンガの感想

たくさん抱きしめてあげて!感動をありがとう!!チェンソーマン最高!

前回なんとマキマを解体して食材にしてしまったデンジと岸部。
アイデアはもちろんデンジです。物理攻撃では殺すことができないマキマ。
おそらく岸部の犠牲者が出続けるという言葉から、マキマは現在死に続けている状態で
完全に死んでいるわけではないのでしょう。おそらくそれを判断できるのは
デンジがマキマを完食した時

私が思うに、
マキマはデンジに最期斬られた時にはもう支配することは諦めていたように考えます。
チェンソーマンを支配するのと同等に「食べられる望み」も持っていた彼女。
残念ながらマキマの本意である「支配」という概念が消えることはありませんが、
ここまで成長したデンジになら潔く負けて死んで、転生しようと思った・・・
というのはマキマファンのご都合考察でしょうか。笑

さて、第一部の感動的な最終話となります。
最期まで綺麗にテンポよくスピーディーにまとめて頂きました。
振り返りに入りましょう!

スポンサーリンク

【第97話】愛・ラブ・チェンソー

デンジが作ったマキマ料理
・ハンバーグ
・カツ
・ナゲット
・モツ味噌煮込み
・肉だけカレー
・肉団子
・寿司
・ステーキ
・刺身
・鍋
・肉マン
・マジ闇鍋
・ヤバジュース
・???

公園で待ち合わせていたデンジと岸部。
マキマの犬達とニャーコはデンジがみんな引き受けたのですね。

「全部食いました」と岸部に報告するデンジ。

  

デンジは、
「マキマさんを傷つけるつもりなんてないんです。そう本気で思ってるんすよ」

「攻撃じゃない。愛ですよ。愛」

支配の悪魔・転生

戦いの場でどうやってマキマに気付かれないように近づき攻撃ができたのかを聞く岸部。

  

デンジはもの悲しげに説明します。
・マキマさんは匂いで俺たちを見てる
・一人一人の顔なんて覚えちゃいない
・気になるヤツの匂いだけしか覚えていない
・マキマさんは俺じゃなくてず〜〜っとチェンソーマンしか見てなかった
・俺ん事なんて最初から一度も見てくれてなかった
そこに勝負を賭けた、と。

  

ひとり残っている女の子に
「どっかいっちまえ」とラピュタのワンシーンを思い出させる台詞を言うデンジ。
いきなり指を噛む女の子。
「え!?この噛む力は・・・!?」

  

なんと支配の悪魔マキマは死んだ後に地獄から転生してもう現世に居たのでした。
それをおそらくクァンシ絡みで見つけたのを岸部が盗んできたと。笑
なんちゅー急激な展開なのでしょう。食べ終わったことを報告しに来た所なのに。笑

ナユタ

デンジと岸部と支配の悪魔。妙な関係の3人が絡んでいます。笑

    

岸部がデンジに支配の悪魔をなすりつけてその場を逃げます。
取り残されたデンジは支配の悪魔に名前を聞き、「ナユタ」と素直に答えます。笑

  

ナユタに優しく接するデンジ。「何か食いてえモンあっか?」「食パン」
「・・随分と安上がりな悪魔だな」と笑うデンジにピースサインのナユタ。

家で食パンを食べて布団で寝かせてもらっている支配の悪魔ナユタ。

たくさん抱きしめてあげて

相変わらず夢の世界でポチタを抱いているデンジ。

ポチタが言います。
「デンジ・・私の夢はね。誰かに抱きしめてもらう事だったんだ」
「デンジは私の夢を叶えてくれた」「支配の悪魔の夢も叶えてあげてほしいんだ」
「支配の悪魔はね、ずっと他者との対等な関係を築きたかったんだ」

  

「恐怖の力でしか関係を築けない彼女にとっては、家族のようなものにずっと憧れていた」
「それで間違った方法だったけどそういう世界を作りたかったんだ」
「だから・・デンジがそういう世界を作ってあげてね」

「ポチタ・・・どうやって・・・・?」
デンジににっこりと微笑むポチタ。

「たくさん抱きしめてあげて」

 

 

  

最終エピローグでめちぇくちゃデカいとんでもない悪魔が街を襲っています。笑
「ねえ聞いた聞いた?チェンソーマン今は高校生だって噂だよ!」
公安のスーツではなく、学校の制服を着ているデンジがチェーンをふかそうとしている所で
「第一部 公安編 完」


 

まとめ

単行本11巻、97話までのどちらかといえば短編でしたが
今まで読んできた数ある漫画のなかでも圧倒的な濃さとスピード感が半端ない最高の作品でした。
この場を借りて感動をありがとございました。

前作のファイアパンチもそうですが、基本的にタツキ先生の作品は
愛をテーマにしていると個人的には思っています。人間愛を描いた映画のような漫画。
しかし、独特かつ突き抜けたストーリーと狂気的な描写が織り込まれすぎているので
これまで万人受けしなかったのが本作チェンソーマンで世の中に認められたことを
ひとりのファンとして誇らしく思います。

個人的にマキマは大好きなキャラだったのですが、いったんは幕引きとなりました。
次回作第二部では第一部の魅力的なキャラクター達を超える存在が出てくる事を期待し、
それと同様にいつもどおりの奇想天外な展開と圧倒的個性あふれるストーリーに
陰ながら応援をし続けようと思います。次回はリアルタイムで感想を書いていきますよ〜。

つたない文章表現にもかかわらず読んでくださった方々、ありがとうございます。
これまで1話ごとの感想をアップしてきましたが、
ひとつの謎にフォーカスしたり登場人物を掘り下げて考察したりしていきたいと思っています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました