スポンサーリンク

【チェンソーマン28話】全話振り返りまとめ考察:ハイになってる

藤本タツキ漫画
スポンサーリンク

注:本記事にはアフィリエイト広告が含まれます
引用:チェンソーマン単行本

 

コベニ体術最強説!!チェンソーマン最高!

マキマの圧倒的なチカラの前に佐渡とヤクザ連合はほぼ壊滅します。
京都から東京という遠方からの超強力な遠隔攻撃
それは、手のひらをギュッと圧し潰すだけのことでした。

また、コトを遂行するマキマの表情も一見の価値ありです。
感情が見えない、、終始無表情で遠方にいる人間を潰し殺していくマキマ。
ちょっとだけ可哀想、、という顔が手をこねる時に垣間見えますが囚人たちから名前を聞き出す時はただひたすら「イイ子ね」とまるで犬を見るかのような表情をしているのが印象的です。

さてヤクザ編もいったん佳境を迎えインターバルへ入る予兆ですね。
振り返りに入りましょう。

チェンソーマンを全巻揃えるなら電子書籍の「Kindle」で!

 

【第28話】秘密と嘘

デタラメな力

押しつぶされるヤクザたちを見て、
「こんなデタラメな力は多分マキマのだ」と佐渡。

チェンソーマンの死体だけは持って帰ろうとする刀マンだが、そこに見据えるのは。。

なんと銃撃から生き残ったコベニがとんでもないオーラをまとい舞台に登場します。

躊躇なく蛇を召喚する佐渡。
ダラリとした姿勢で迎え撃つコベニ。

デタラメな身体能力

蛇の尾をなんなく避けてその尾の上を走って距離を詰めるコベニ。
人間業じゃないですね笑。

そして人間版刀マンの腕を包丁でなんなく切り落とします。
手から離れた銃を「パシっ」と掴むコベニ。
一流を超えた圧倒的な身体能力です。

奪った銃であっという間に刀マンを撃ち、佐渡に狙いを定めます、が弾切れ。

迎え撃つ佐渡の銃弾をこれまた躊躇なくデンジを盾にかわすコベニ。強っ。

チェンソーマンを全巻揃えるなら電子書籍の「Kindle」で!

おかしくなる

たまらず逃げだす佐渡。
おそらく何度でも生き返る刀マンに
「車の中で死ね!」と言いながら車を走らせ逃げ出します。

戦闘が終わり「この間は殺そうとしてゴメンね・・・」とデンジに言うコベニ。

そんな言葉を発している自身に
「ダメだ・・・ハイになっちゃってる・・・」と、そして
「もうダメだ・・・この仕事してたらおかしくなる・・・」

場面が変わりマキマシーン。
東京で起きた事件の報告を受けるマキマ。

辞表

「銃の悪魔が関わっているだろうね・・・」とマキマ。

特異課の1〜4課をマキマの支配下、、、もとい
指揮下におくことを上層部が決めたとの通告をしに来た円くん。
それをマキマに伝え、そのまま辞表をマキマに渡します。

円くんは意味深な質問をマキマにします。
「マキマさんは今回の事態をどこまで想定していました?」

マキマはなにひとつ表情を変えず辞表を受け取り、
京都の二人組は怯える。
自分たちは「すぐ京都に戻りますから・・・」

顔を見せずにこのセリフ。
フツーの感覚なら悲しんでいるような描写ですがおそらく・・・。
次回に続きます。

まとめ

犠牲が多かったヤクザ襲撃のこの回。
やはり姫野のあっけない死は衝撃的かつシンセブルでチェンソーマンの今後を象徴するものではないでしょうか。

マキマの謎が深まり、銃の悪魔の脅威感が急速度に増した今回のお話でしたが実際のところは銃の悪魔の影響なんてほとんど無いという結論に至るのも、拍子を抜かれるというかこの漫画らしい伏線ですよね。

さて、次回は束の間のインターバルになります。
しかし各登場人物の深層心理の変化や今後の大きな分岐点となったのはデビルハンターたちが一瞬で銃の前で次々と命を落とした事実に他ならないでしょう。

デンジとアキとパワーの3人は今後どのように成長していくのでしょうか。
次回に続きます。乞うご期待!

 

チェンソーマンを全巻揃えるなら電子書籍の「Kindle」で!

 

次はこちら!<<<<<【チェンソーマン29話】全話振り返りまとめ考察

【チェンソーマン27話】全話振り返りまとめ考察:なんか変な感じだ>>>>>前回はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました