スポンサーリンク

【トイレ掃除】家にあるもので簡単キレイ!素人が教える手軽な方法

ネタや独り言
スポンサーリンク

注:本記事にはアフィリエイト広告が含まれます。

 

トイレ掃除のプロではなく初級者がお送りする、
家にある材料でトイレをピカピカにする裏ワザを紹介します。

手軽なアイテムで効果的な

トイレ掃除ができるのは嬉しいですね〜!

下の写真は、掃除前の「ビフォー(Before)」です。

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ Beforeトイレ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

記事では、驚くべき掃除力を持つ重曹とクエン酸の組み合わせや、
使い古しの歯ブラシを活用した隅々掃除法などをご紹介。
さらに、台所から借りた食用の重曹で香りもスッキリ、
レモンの酸での消臭・除菌法もお伝えします。
トイレ用品の整理に関するプロのアドバイス情報も折り込みます。

それでは、自宅で手軽にできる掃除術で、
清潔で心地よいトイレ空間を手に入れましょう!

レモンは少し高いので、、お風呂にも使える柚子が代用としてオススメです♪

1. 家にある材料でできるトイレ掃除の必需品

自宅にあるアイテムで、トイレをキレイに保つことができます。
以下は、その中でも特におすすめのアイテムです!

1-1. 重曹とクエン酸の力で汚れを落とす

トイレ掃除の新しい可能性を開くのが、重曹とクエン酸の強力なコンビネーションです。
これらのシンプルな材料を使って、驚くほどの掃除力を手に入れましょう。
重曹とクエン酸はそれぞれどのように作用し、どのように使用するのか、詳細に見ていきましょう。

重曹の力

なぜ重曹がトイレ掃除に効果的なのか?

重曹は弱アルカリ性の性質を持ち、汚れや臭いの原因となる酸性の物質を中和することができます。また、微細な研磨剤としても機能し、こすらずに汚れを取り除くことができます。

重曹の正しい使い方

  1. トイレボウルへの投入: 重曹をトイレボウルに適量投入します。
  2. 放置: 重曹を数分放置し、効果を発揮させます。
  3. ブラシでのこすり洗い: 重曹が広がったら、ブラシを使って丁寧にこすり洗いします。
  4. 流水: 最後に流水して、キレイな仕上がりを確認します。

クエン酸の力

クエン酸の効果と使い方

クエン酸は、除菌や消臭効果があり、特にカビや雑菌に対して有効です。また、酸性の性質を持っているため、汚れを柔らかくし、取り除きやすくします。

  1. クエン酸の準備: クエン酸を溶かすか、粉末のまま使用します。
  2. トイレボウルへの投入: 適量のクエン酸をトイレボウルに投入します。
  3. 放置: クエン酸をしばらく放置して、効果を発揮させます。
  4. ブラシでのこすり洗い: クエン酸が作用したら、ブラシを使ってしっかりとこすり洗いします。
  5. 流水: 最後に流水して、トイレをリフレッシュさせます。

重曹とクエン酸を使ったトイレ掃除は、手軽で効果的な方法です。
シンプルながらも、自然な成分でトイレ空間を清潔に保ちましょう!

1-2. 古くなった歯ブラシを使った隅々掃除法

歯ブラシはその小さなブラシの毛先が、隙間や細かい部分に届きやすい特長を持っています。
使い古った歯ブラシを再利用することで、トイレの隅々まで手入れを行うことができます。
具体的な方法やポイントを見ていきましょう。

歯ブラシの優れた掃除力

歯ブラシの毛先が及ぶ範囲

歯ブラシはその小さなサイズ故に、トイレの隅や狭いスペースにも届きやすいです。特にトイレボウルの縁や排水口、小さな隙間など、通常の掃除では手入れが難しい箇所に活躍します。

細かいディテールに対応

使い古った歯ブラシは毛先が少し開いているかもしれませんが、これが逆に細かいディテールに対応しやすくなります。毛先を使ってゴシゴシとこすることで、汚れや頑固なカビにもアプローチできます。

使い古しの歯ブラシを再利用する方法

  1. 歯ブラシの手入れ: まず、使い古しの歯ブラシを洗浄し、余分な歯磨き粉や歯垢を取り除きます。必要に応じて、古い歯ブラシを煮沸消毒することもおすすめです。
  2. 使用箇所の確認: 掃除したい箇所を確認し、歯ブラシが届くかどうかをチェックします。細かい部分や隅、排水口など、通常のブラシでは届きにくい場所を重点的に選びましょう。
  3. 歯ブラシにクリーナーを付ける: 重曹やクエン酸を歯ブラシに少量付けます。これにより、歯ブラシだけでなく、クリーナーの効果も加えて掃除を行います。
  4. ゴシゴシとこすり洗い: 歯ブラシを使って、汚れや頑固なカビがついた部分をゴシゴシとこすり洗いします。毛先を使ってディテールな部分にも注意深く掃除しましょう。
  5. 最後に流水: 掃除が終わったら、最後に流水して残った汚れやクリーナーを洗い流します。

歯ブラシを使ったトイレ掃除のポイント

  • 力を入れすぎずに: 歯ブラシは小さいため、力を入れすぎると毛先が損傷する可能性があります。優しくても効果的な掃除がポイントです。
  • 定期的な交換: 歯ブラシの毛先がまっすぐでなくなったり、開いてしまった場合は交換しましょう。新しい歯ブラシの方が効果的な掃除が期待できます。

歯ブラシを使ったトイレ掃除は、細かい部分にアプローチできます。
使い古しの歯ブラシを再利用して、隅々まで綺麗に手入れしましょう。

1-3. 台所から借りる!食用の重曹で香りもスッキリ

トイレ掃除において、台所の常備アイテムである食用の重曹は強力な味方となります。
その特徴的なアルカリ性と消臭効果を利用して、トイレを清潔で香り良い空間に変える方法を紹介します。

食用の重曹の特長

アルカリ性の性質

食用の重曹はアルカリ性の性質を持っています。これにより、酸性の臭いや汚れを中和し、トイレを清潔に保ちます。

消臭・除菌効果

食用の重曹は、その天然の消臭・除菌効果により、不快な臭いや雑菌を抑えることができます。香りもスッキリとさせることが期待できます。

食用の重曹を使ったトイレ掃除方法

  1. トイレボウルへの投入: 適量の食用の重曹をトイレボウルにまぶします。特に臭いの気になる箇所や、便器内に均等に散布します。
  2. 数分放置: 食用の重曹を数分放置して、その効果を発揮させます。放置することで、アルカリ性が臭いや汚れを中和し、爽やかな香りを広げます。
  3. ブラシでのこすり洗い: 放置後、ブラシを使って丁寧にこすり洗いします。特に便器の内側や縁など、手の届きにくい箇所に重点を置いて掃除しましょう。
  4. 流水: 最後に流水して、残った重曹を洗い流します。清潔で香り良いトイレが完成します。

アレンジ: 重曹に香りをプラス

エッセンシャルオイルの活用

食用の重曹に数滴のエッセンシャルオイルを混ぜることで、さらに香りをプラスすることができます。好みの香りを選んで、トイレ空間にアロマ効果を楽しんでみましょう。

ドライハーブの活用

また、乾燥したハーブを重曹に混ぜておくことで、自然な香りを楽しむこともできます。ラベンダー、ミント、ローズマリーなど、お好みのハーブを選んでみてください。

食用の重曹を使ったトイレ掃除は、手軽で効果的な方法です。
清潔で香り良いトイレを手に入れましょう!

1-4. レモンの酸で消臭&除菌

レモンはその爽やかな香りだけでなく、天然の酸を含んでおり、
トイレ掃除において優れた役割を果たします。
消臭効果と除菌力を活かして、トイレを清潔で爽やかな空間に変える方法を紹介します。

レモンの特長

天然の酸を含む

レモンに含まれるクエン酸は、天然の酸として知られています。このクエン酸がトイレ掃除において、消臭や除菌の強力な味方となります。

さわやかな香り

レモンの香りはさわやかで心地よく、トイレ空間をリフレッシュさせてくれます。香りそのものが空気中の不快な臭いを中和します。

レモンを使ったトイレ掃除方法

  1. レモンジュースの用意: レモンを半分に切り、果汁を絞ります。果汁が取れたら、そのまま果肉も利用します。
  2. トイレボウルへの投入: レモンジュースをトイレボウルに注ぎます。果肉も一緒に入れてください。
  3. 放置: レモンジュースをトイレボウルに数分放置しましょう。この間にクエン酸が作用して、汚れを分解します。
  4. ブラシでのこすり洗い: 放置後、ブラシを使ってトイレボウル全体を丁寧にこすり洗いします。特に便器の内側や隅々まで行き届くように心掛けましょう。
  5. 流水: 最後に流水して、レモンの香りと共に清潔なトイレボウルが完成します。

アレンジ: レモンピールの活用

レモンピールで香りをプラス

使用済みのレモンのピールを保存しておき、トイレボウルに浮かべておくことで、さらなる香りを楽しむことができます。レモンピールには爽やかで心地よい香りが広がります。

エッセンシャルオイルとの組み合わせ

レモンの香りを更に強化するために、レモンエッセンシャルオイルを加えることも一つの方法です。数滴程度をトイレボウルに垂らすか、拭き掃除用の雑巾に数滴垂らして使うと良いでしょう。

レモンの酸で消臭&除菌する方法は、手軽で効果的。
清潔で爽やかなトイレ空間を作り出すのに最適です。

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ Afterトイレ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

 

1-5. 収納のプロが教える、トイレ用品の整理術

トイレ空間の快適さを保つためには、トイレ用品の整理が欠かせません。
プロの収納術を取り入れて、使いやすく美しく整頓されたトイレ空間を手に入れましょう。

整理術の基本ポイント

1. 不要なものを見極める

まずは、トイレに必要なものとそうでないものを見極めましょう。期限切れや使用しなくなったアイテムは積極的に処分し、スッキリとした空間を作ります。

2. カテゴリごとに分ける

トイレ用品を使いやすく整理するためには、カテゴリごとに分けて収納することがポイントです。例えば、洗面用品、トイレットペーパー、掃除道具などをそれぞれまとめて収納します。

3. 使用頻度に応じた配置

よく使うアイテムは手の届く場所に配置し、使用頻度の低いものは奥行きのある場所にしまいます。これにより、毎日の利用がスムーズになります。

トイレ用品の具体的な整理方法

1. 収納ボックスの活用

洗面用品や小物類は、収納ボックスを使って分けて収納します。透明なボックスを使えば、中身が見えるため取り出しやすく、整理がしやすくなります。

2. 棚やラックの設置

トイレの壁面やスペースを有効活用するために、棚やラックを設置しましょう。トイレットペーパーや洗面用品を整然と収めることができます。

3. 吊るし収納

ドアや壁にフックを取り付けて、トイレ掃除用具やタオルなどを吊るし収納する方法も有効です。使い終わったらフックに掛ければ、スッキリと片付きます。

4. 小物入れやトレイの利用

小さな小物やアクセサリーは、小物入れやトレイにまとめて収納すると整理がしやすくなります。トレイを使えば、ボックスよりもアクセントとしても活かせます。

プロのアドバイス: シンプルなデザインを選ぶ

トイレ用品の収納ツールやボックスは、シンプルで清潔感のあるデザインを選ぶことで、トイレ空間全体がすっきりとした印象を受けます。また、透明な素材を使用すると、中身が一目瞭然で使いやすさが向上します。

整理されたトイレ空間は、日常の生活を快適にします。
是非、これらの整理術を取り入れて、トイレを心地よい空間にしてください!

 

まとめ

トイレ掃除は手間がかかる作業と思われがちですが、
家にある身近なアイテムを利用すれば、手軽に清潔な空間を保つことができます。
簡単ながらも効果的な掃除方法を取り入れ、トイレの清潔さをキープしましょう!

プロのような技術は必要ありません。
常備しているアイテムを工夫して使うことで、快適なトイレ空間を手に入れることができます。
日々の小さな工夫が、清潔で心地よいトイレ体験を提供してくれます。

ぜひ、これらの手軽な方法を試して、トイレ掃除をストレスなく楽しんでください。


コメント

タイトルとURLをコピーしました