スポンサーリンク

【効果的な】愛車を本当に高く売るための裏情報とぶっこぬき回避法

旅・車・趣味
スポンサーリンク

注:本記事にはアフィリエイト広告が含まれます。

 

こんにちは〜!全国的に寒波が続きますが、みなさんは愛車を冬でも洗車してますか〜?

特に雪が降ったあとは泥を浴びたようにボディーがドロドロになります。えらく高価なコーティングをしてないのであれば、コイン洗車で良いのでたまに洗ってあげてくださいね!こんなことで査定の時にせっかくの愛車の価値が減額されたらもったいないですからね?

実は、査定で車の汚れはほとんど評価に影響がないぞ。

むしろ小傷が目立つ車は、雨の日の夕方以降に汚れたままの査定が良い(笑)。

・・いきなり悪どい話からスタートです笑。ちなみに、お店のコンディションを察知できるのであれば、「その日の成果が出てなくて、焦っている車屋(営業マン)を目掛けて交渉」をしましょう!もし夕方までの成果がゼロであれば、あなたの車をなんとしてでも買い取りたいはずですので、相場よりも高い金額が出るかもしれませんよ〜。

 

この記事シリーズでは、愛車を高く売るためには?というすでに出尽くした話題の中でも
「業界の裏事情(ネタバレ)」を取り上げていきます。

この2月3月は車の取引量が年間でいちばん多い時期なので、カモになっている可哀想な人が一定数います。バンバン流れているアピール全力のCMに釣られて準備無しで買取店に突っ込み、ナン十万円も損をする前にこの記事を見ていって〜!
あとは、カモにはギリなっていないけどまだ金額を伸ばせる方と、時間をかけ過ぎて結局コスパが悪い(2週にかけて休みがパ〜ッ)あなたにとっても有益な情報です。

それでは、どうぞ〜〜〜!間に合え〜〜〜!

業界から身を引いた私にとって、ネタバレが自身の損失に繋がらない。

逆に今まで助けられなかったみんなを救う使命感に燃えてるぞ〜!

これオススメです。やっぱ楽天は強い。笑

これだけは絶対に伝えたいこと

即決はダメ!

もしかして即決してませんよね?車を売るときに絶対にしてはいけないことは、

即決です!

もういい加減、善良な人ほど(!)車を売るときに大きな損をしないで欲しいのです。業界にどっぷりと浸かっていて、実は心がズキズキしていながらもぶっこぬいていた私の話をこのままぜひ聞いてください。(ぶっこぬく、は後で説明があります〜)

まず大前提として、、、

どこの車屋も本音は無茶苦茶ぶっこぬきたいということです。

あなたが一括査定やせめてディーラー以外の2社以上の査定に出していれば、あなたの車は50万円も抜かれていなかったかも知れません。・・というようなことが日々、どこかの車屋(買取業者)で実際に起きているのです。

10年前は片手どころか一本抜きが業界ではよくあることだった。

自分が聞いた最高額はフェラーリの5本抜き。念の為、一本は100万円ね。

過半数以上の人は、いつもお世話になってるディーラーで新車に買い換える時に、「10年経ってて10万キロ走ってきた」愛車が下取りで5万円と言われても「まあ、仕方ないか〜」となるのではないでしょうか。
20年前は、それが「5年落ちの5万キロ」でも5万円でした。そう、この分野で過去、いちばん荒稼ぎをしていたのは他でもない新車ディーラーだったのですね。

車を査定に行く前に業界の裏事情を知るだけで、少なくとも10万円以上は得をすることができます。人によれば、査定をする車によれば、得をする金額が50万円以上になることも有り得るので、ここから先もぜひぜひ読み進めてくださいね。

ちょっとヤバめの裏技はnoteで販売するので興味がある人は買ってね。

アッチサイドではどんな会話がされてるのか、と相場を知る手法

【期間限定:50%OFF】直近で愛車の売買を検討しているあなたへ、今だけ半額SALE!

 

ここで絶対に伝えたいことは、即決をしない!絶対にダメ!もう大丈夫ですね?

さて、これまでのクルマの売買でウン十万円以上の手数料(利益)を車屋に与えたことがあるアナタは、当時車屋に「カモ」と呼ばれていても仕方ありませんでした。もうその過去は忘れましょう。これからが大事です。まずは現状を確認、あなたはどちら側の人でしょうか。

 

あなたはどちら?

カモです、な人は

これから3末までの需要期でクルマを売る予定のある方は充分に注意と対策をしましょう。

4月に入ると新たに「自動車税」が発生するので、3月末までに乗り換えの手続きをなんとなく済ましておこう、という人が凄く増えます。この傾向の積み重ねが、2月3月の需要のピークを作りだしているひとつの要因です。実際は、クルマに乗り続けている限り税金での損得はなにも変わらないんですがね〜。

そうは言いましても3月の末が近づいてくると大半の一般ユーザーは「早く売らないと」と妙に焦り始めてきます。情報弱者の方に多いこの傾向はその先で、上手い営業トークに乗せられてタブーである即決をしてしまい、結果ぶっこぬかれる(残念!)ことがとても多いです。
で、こういう純粋無垢で良心的なカモの方々がいまだに大勢いて、世の中のクルマ産業を麗し続けているのです。
ありがとう!って誰の代わりに言ってるんでしょうか笑。

○ぶっこぬきって?

この言葉は、クルマ屋がお客から頂く利益(手数料)が大きい契約ができた時にクルマ屋側が使う隠語です。

さっきのお客チョロかったな〜!60万ぶっこぬいちゃったよ〜!

次は一本狙ってくぞー!(この時は博打に勝ってる心境に近くて、ハイ状態)

悪い営業マンですね〜!会社にとっては頼もしい存在かもしれませんが、目先の利益に囚われた商売では先行きは暗いです。数々の取り組みの甲斐もあり、業界全体で年々下がり傾向の「ぶっこぬき率」ではありますが、一定数はまだまだ有るのが現状です。

もちろん商売ですので犯罪というわけではないのですが、やはり道徳上の話で、手数料が1万円の人もいれば50万円の人もいることにはずっと違和感を感じています。しかも人を疑うことをしないうえに断ることもできないとても性格が優しい人カモにされるケースが圧倒的に多いのです。

ぜひともです。ぶっこぬかれる事前に私が適切にアドバイスをしますので5000円ください(笑)。

【期間限定:50%OFF】直近で愛車の売買を検討しているあなたへ、今だけ半額SALE!

 

カモじゃねえよ笑、な人は

もう少し顧客利益を追求するテクニックと時短術をご教授します。

「そんなことは知ってるよ〜相見積もりをガンガンして査定金額を吊り上げたらいいんだろ〜」と言うアナタ、ハイ、半分正解です!なので、そのニーズを叶える一括査定はもはや当たり前になりつつありますよね。次に「雨あられのように鳴り続ける電話をどうにかして〜」という別の問題が発生しています笑。

一括査定をご存知の方は基本的に大損はしないので、あとはどこまで金額を拘るかのみです。
でも、熟練のアナタに聞きたいのですが、これまでに「1番高い業者と2番目に高い業者の金額の差が5万円以上あった」ことはありませんか?これ、なぜ起きるか知ってます?

○交渉する相手、合ってます?

結論を言うと、査定結果は交渉で上下するからです。これからも頑張ってください!笑
ただ、交渉するのは目の前にいる営業マンではないですよ〜。本当の相手は奥にいる、決済者です。

あなたはこれまで目の前の営業マンと一生懸命交渉(うわべの世間話も含む)をしていませんでしたか?営業マンのほとんどはラッキーパンチ(ゆる〜い客)を狙っています。あなたのように、逆に企業をカモってやろうという気が丸見えなお客(バレてます)を、営業マンは毎度毎度相手にしていますので、実は非常〜にメンドくさく思っています。彼らの本音はこうです。ほどほどの所で楽して買えたらいいや。ほどほどの利益は、「0円〜5万円」です。ここ、大事なので覚えておいてください。

しかし、楽をして利益がない状態での契約を許されていないのが大多数の営業マンで、彼らには上司や本社の「決済」が必要となります。この決済がとても商談を歪ませることになっていると私は思っていて、真ん中にいる営業マンの腕が未熟ですと双方が大変不満足な商談結果、いわゆる不成約かつ不満という最悪な状態で商談が終わることが結構よくあるのです。

 

カモのあなたへ

ぶっこぬかれだけは避けましょう。それだけで大きな損失は防げます。

その為に実施することは非常にシンプルです。即決をなんとか踏ん張って断り(めっちゃ押してこられますからね!)、最低2社、査定をしてもらってできる限りの高値を営業マンから聞き出しましょう!これ、シンプルですけど結構難しいです笑。

ディーラーで下取り5万円と言われた愛車を買取業者に査定に出して、10万円と言われて大喜び!そのまま売買契約、、を取り交わしたらダメですよ!(ちなみに、あなたの愛車を6万円で買い取れなかったことを担当の営業マンは上司に怒られています笑)
もしかしたらその車の本当の価値は50万円かもしれません。少なくともそれを確かめてからの契約でも充分間に合いますので、安心してください。

ココね。ココで裏技発動。4980円で期待効果50000円以上の情報です。

とてもとても単純に、お得でしょ?笑。

ひとまずこちらから無料査定の予約をしておいてOK!

結局愛車はいくらなの?

でわ、ディーラーで伝えられた5万円は一体なんだったのでしょうね。いくら付き合いが長いとは言っても、ねえ。。もし仮に50万円が他社でついたクルマに、5万円は流石にボッタクリですよね。温厚なあなたでも少し詰め寄りたくなるのではないでしょうか。ディーラーはこういう時に便利な本を奥の戸棚から持ってきます。「ナイス」という毎月発行されている査定データ本です。

この本に、あなたの本の価値はズバリ5万円と書かれているでしょう。そう、あまりにこの激安な相場が書かれている本は普通に売られています。気になる方は「ナイス 査定本」でググってください。ネクさんが詳しく解説もしていますが、私にはどうしても買取り業者都合で安く買い取るための布石に見えます。

さて、愛車の価値(いくらか)を知るには、市場を知る必要があります。

市場とは

あなたのクルマの本当の価値は、「市場」で決まっています。これが「相場」と言われるもので、株とよく似た性質ですが、大きな違いは「上がることはほとんど無い」ことです。要は、年数を重ねるにつれてどんどん価値が下がっていくわけです。まあ、ここまでは一般的なことですよね。

ここからが重要ですのでメモっておいてください。実は、車によって価格の落ち幅がまったく違うのです。もう、びっくりするぐらいに違います。新しい型のジムニー(角角してるタイプ)のことはニュースでも取り上げられていたので知ってる人もいるのではないでしょうか。

当時この車、新車で契約してから納車まで1年以上かかるほど売れました。人気が凄かったのです。しかし、1年も待てば、色々忘れますよね笑。納車されたは良いけど、とっくに熱が冷めてるのでちょっと乗って売る人が続出!そして、新車で1年も待ってられない、すぐに乗りたい!というニーズがまだまだ多かったので、ここがマッチング!なんと新車より高くても売れたのです。この時ばかりは、普通は年数を重ねたら下がる価値が、逆転して上がる現象が起きました。

逆もしかりです。例えば、モデルチェンジ後まもなくしてリコールが出た。価値が下がります。特定の車種でエアバッグが誤作動で開いて運転者が大怪我をしたニュースが流れた。価値がダダ下がりになります。芸能人がその車種で飲酒運転をして人を轢き殺してしまった。価値が無くなるかもしれません。ってな感じで、需要と供給と人気などという定性的な外部評価によって、クルマの価値というものは決まるのです。

どこで決まるのか。その場所はオートオークション(AA)という所なのですが、AAの詳細については別記事でも書いていますのでこちらをご覧くださいね。

車を高く売るための鍵【オートオークション】の仕組みと交渉を知る

 

カモではないあなたへ

あなたは複数社を相手に休みの時間を削って対面とスマホとPCを使って交渉を重ね、ようやくMAX値に近い所で満足のいく契約を結びました。もう、それ、仕事です笑。それでも手数料という名の利益を買取業者に取られているのが通常です。そうで無ければとっくに会社が潰れてますからね。

本当の最高値に向けて一言

取られる手数料を「マイナス10万円からプラス10万円」に変えれる可能性はまだあります。

その手法はnoteのコンテンツをご参照ください。要は、敵を知るには己を知ること。自身の愛車の相場を事前に、かつ的確に知っておくことが大事。

 

ルール違反について

人の道に反する、法律違反、グレーなこと。ここは自己の責任でお願いします。
アルアルなのは、事故車なのにそれを隠して業者に売ること。業者の査定の腕前は人によってマチマチなので、綺麗に修復されているクルマは普通に事故を見落とされることがあります。瑕疵担保責任が古物にはありますので、大抵の業者からは後々クレームが入りせっかく高値で売ったクルマが戻ってくることに・・・、なる確率はそんなに高くないことをご存知ですか?笑

そういった内部関係者しか分かり得ないこととその理由を別の記事で説明しますね。
グレーを攻める売り方をお教えします。

でも、水害車だけはやめておきましょう。これは危険な一手です。

 

主導権はあなたにある

別記事に続きます。

・名言 「車を売るなら○ッグモーター」

・料理に例えると 時価で出す寿司屋、値段を食べる側が決めれるお店なんてアリ?

・驚きの事実 それがまかり通ったままの、古い業界

・知らないと損する理由 プロでも分からない、その車から生まれる利益、だから安く買いたい

などなど。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます!

WEBで完結!まずはかんたん申し込み【楽天Car車買取】

【期間限定:50%OFF】直近で愛車の売買を検討しているあなたへ、今だけ半額SALE!

 

〜 用語/解説 〜

オンライン査定申込み:公式ウェブサイトやアプリを利用して、オンラインで査定の申し込みを行います。必要な車両情報や個人情報を入力します。

査定額の提示:申し込みを受けた担当者が、入力された情報をもとに査定額を算出します。この査定額は、あくまで目安であり、最終的な査定額は実車査定後に確定されます。

店舗での実車査定:査定額に納得した場合、店舗に車を持ち込んで実車査定が行われます。査定員が車の外観や内装、エンジンの状態などを詳細に確認します。

査定結果の提示:実車査定が終わると、査定員が最終の査定結果を提示します。この際、査定額がオンライン査定時よりも変動することがあります。

売却手続き:査定結果に納得した場合、売却手続きが進められます。必要な書類や手続きについてスタッフが案内します。

支払いと車の引き取り:売却が完了すると、査定額が指定の口座に振り込まれ、車はお店に引き取られます。

中古車販売サイトの利用:中古車の相場を調べる際には、有名な中古車販売サイトやオークションサイトを利用します。例えば、Goo-net、カーセンサー、楽天中古車、ヤフオク!などが挙げられます。

複数サイトでの比較:複数の中古車販売サイトで同じモデルの中古車を探し、価格や条件を比較します。これにより、相場の範囲を把握しやすくなります。

年式や走行距離の考慮:同じモデルでも年式や走行距離によって価格が異なります。同じ条件の車両を比較することで、より正確な相場を把握できます。

地域ごとの価格差の考慮:中古車の相場は地域によっても異なります。同じモデルの価格が地域ごとにどれくらい差があるかを確認し、自分の地域の相場も考慮に入れます。

オプションや装備の比較:同じモデルでもオプションや装備の有無で価格が変わることがあります。他の車両と比較する際には、できるだけ同じ仕様の車両を選んで比較すると良いでしょう。

専門の中古車相場情報サイトの活用:中古車相場を専門的に提供するウェブサイトやアプリも活用できます。これらのサイトは市場動向や相場の変動をリアルタイムで把握するのに役立ちます。

整備手帳やレシートの保管:購入時から現在までの整備手帳や修理に関するレシートを保管しておくことが重要です。これらの文書はメンテナンス履歴の証拠となります。

整備手帳に正確な情報を記載:整備手帳には正確な情報を詳細に記載しましょう。日付、走行距離、行われた作業や交換した部品、使用したオイルやフルードの種類などが含まれます。

デジタル化:整備手帳やレシートをデジタルで保存することも考慮してください。スマートフォンやクラウドサービスを活用して、情報にアクセスしやすくすることができます。

定期的な点検とメンテナンス:車両の定期的な点検とメンテナンスを欠かさず行うことで、小さな問題が大きな修理に発展するのを防ぎます。定期的な点検記録も整備履歴に加えましょう。

修理履歴の詳細な記録:車に発生したトラブルや大がかりな修理が行われた場合、その詳細な情報を記録しておくと良いです。修理内容や使用した部品、修理費用などを詳細に整理します。

提携修理工場の活用:メーカーの提携修理工場やディーラーシップでのメンテナンスや修理を行うと、その情報はメーカーがデータとして保管していることがあります。修理履歴の一部がディーラーに問い合わせることで取得できることがあります。

中古車販売サイトの分析:人気の中古車販売サイトやオークションサイトで取引されている車両のデータを分析します。売れ筋や検索回数が多い車種やボディタイプ、価格帯を調査することができます。

メディアや業界レポートの参照:自動車業界のメディアや専門の業界レポートを参照することで、中古車市場における最新のトレンドや需要の変化について知ることができます。

ソーシャルメディアとフォーラムの観察:ソーシャルメディアや自動車愛好者のフォーラムで、ユーザーの声や傾向を観察します。特にSNSプラットフォームや専門のオートフォーラムは、リアルタイムでの意見交換が行われています。

ディーラーや販売店の情報収集:中古車ディーラーや販売店のスタッフと交流し、市場の動向や顧客の要望についての情報を得ることができます。ディーラーは直接市場の変化を感じ取るポジションにあります。

車両評価サイトの利用:車両評価サイトや中古車の評価情報を調査することで、どのモデルやブランドが顧客に高く評価されているかを知ることができます。

政府統計データの確認:自動車産業に関する政府統計データやレポートを参照することで、国内の中古車市場全体の傾向や需要の推移を知ることができます。

オンラインレビューサイトの利用:取引をする会社に関する口コミや評判を探すために、一般的なオンラインレビューサイトやクチコミサイトを活用します。例えば、Google レビュー、Yahoo!クチコミ、レビューサイトなどが挙げられます。

ソーシャルメディアの検索:Twitter、Facebook、Instagramなどのソーシャルメディアプラットフォームで「取引会社」に関連するキーワードやハッシュタグを検索し、ユーザーの意見や感想を確認します。

自動車フォーラムやコミュニティの参加:自動車愛好者のフォーラムやコミュニティに参加し、取引会社に関するトピックを探してみましょう。実際の利用者の意見や経験を直接知ることができます。

公式ウェブサイトのレビュー:取引会社の公式ウェブサイトには、顧客の声や評価が掲載されていることがあります。公式サイトを訪れて詳細な情報を確認しましょう。

YouTubeのレビュー動画の視聴:自動車関連のYouTubeチャンネルや動画プラットフォームで、取引会社に関するレビューや体験談を共有している動画を見つけてみます。

口コミや評判の傾向の分析:複数の情報源から得た口コミや評判を比較し、傾向を分析します。一つの意見だけでなく、多くの意見を総合的に考慮することが大切です。

信頼性のあるサービスの選定:オンライン査定サービスを利用する際には、信頼性のあるサービスを選ぶことが重要です。有名な中古車販売店やオートオークションが提供しているオンライン査定サービスは、一般的に信頼性が高いです。

正確な車両情報の提供:オンライン査定の際には、できるだけ正確な車両情報を提供することが大切です。年式や走行距離、装備などの詳細な情報を入力することで、査定額の正確性が向上します。

複数のサービスで査定を受ける:複数のオンライン査定サービスを利用して、異なるサービスから査定額を取得します。これにより、相場を確認しやすくなります。

写真の添付:オンライン査定では、車両の状態をより具体的に伝えるために写真を添付することが推奨されます。外観や内装、重要な部分の写真を提供すると査定がより正確になります。

査定額の比較と検討:取得した査定額を比較し、サービスの利用料や提携ディーラーの条件などを検討します。最も適した条件や査定額を提供するサービスを選びましょう。

詳細な条件や手続きの確認:査定結果が気に入った場合でも、詳細な条件や後続の手続きを確認します。手数料や必要な書類、引き取りに関する条件などを理解しておくことが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました