スポンサーリンク

子どもの口内炎はマグネシウムで解決!?方法と期間と効果は?

美容と育児
スポンサーリンク

注:本記事にはアフィリエイト広告が含まれます。

 

この記事を読んでいるあなたはお子さんの口内炎に頭を悩ませていることと思います。

口内炎の原因て何?
どうしたら防げるの?
どうしたら早く治る?

我が家の長男は2週間に1回くらい口内炎が繰り返しできるんです。
本人もご飯の度に痛いし、私も『またか…』と心配でした。
原因も知りたくて、皮膚科や歯医者で先生に聞いてみました。
ところが、はっきりとしたことは教えてくれず、

『子どもはよく口内炎ができるからね~』
『精神的なものかな』

という返事。
これでは納得できませんよね。

口内炎がひどい時は軟膏と飲み薬を出してもらうことがありました。
長い間、出口の見えないまま自然に治るのを我慢して待つしかないのかと感じていた時、
病院ではなく、図書館でヒントを見つけました!

マグネシウムを試してみたらとても良かったので、
お子さんの口内炎でお悩みのパパママはぜひこのまま読み進めてみてくださいね!

子どもの口内炎はマグネシウムで解決?

口内炎の原因は何?

食生活や生活習慣など、見直すべきポイントは色々あるのでしょうが、
精神的なストレスや疲れも影響しているかもしれません。うちの子は、
ハートはガラスのように繊細ですが、見た目はがっしりしていて体力もある元気な男の子です。

子供にできる口内炎の原因を調べると、

1.外傷や咬傷: 口内に何かに当たったり、咬んだりすることによって、口内炎が発生することがある
2.ウイルスや細菌感染: 感染症が原因で口内炎ができることがある
3.栄養不足: 特にビタミンBや鉄分の不足が口内炎を引き起こす可能性がある
4.アレルギー反応: 特定の食品や環境の刺激によって口内炎が発生することがある
5.ストレスや疲労: 精神的なストレスや十分な休息をとれないことが原因になることがある
6.歯磨きの際の過度な刺激:過度な力を入れたり、硬い歯ブラシを使用することが口内炎を引き起こすことがある

などが見つかりましたが、いざ自分の子供のこととなると
特定できる原因ははっきりと分からないんですよね。

 

口内炎を治すヒントは一冊の本に

図書館で見つけた本には、
マグネシウムの不足が人体に与える影響や、
マグネシウムが美肌や体質改善にどれほど効果を発揮するのか、
といった内容が書かれているようでした。

それは子供のことだけでなく、私自身にもとても関心があることで、
効果を実感できるのかどうか、ぜひ試してみたくなりました。

私が色々悩んだ末に購入してみた本がこちらです。


繰り返す口内炎がマグネシウムで止まった!

マグネシウムで口内炎を治す方法と期間と効果は?

「摂取方法・期間ごとの変化・期待効果」を解説するよ!

①真っ白な口内炎にマグネシウムを直接塗る!

めーっちゃ痛いです!

いつもより早く治っていきました。何日も食事が滲みると慣れてきて泣かなくて済みます。
2日程でもう塗らなくて良くなりました!病院の軟膏よりも早く落ち着きましたよ。

食事からの摂取では、ほうれん草、アーモンド、バナナにマグネシウムが多く含まれています。

サプリメントや粉末での摂取もお手軽で良いですね!
ご飯を炊くときに炊飯器にマグネシウムを数滴入れてみたり、お味噌汁に入れてみたり。
それなら、マグネシウムの嫌な味が分からないので、いつもどおりの食事ができます。

②期間ごとの変化

・マグネシウムを摂取し始めてからの初期に関しては、明らかに口内炎の発生頻度が減少し、痛みや不快感が大きく軽減されました!
・1~3ヶ月で、たまに口内炎ができたとしても治りが早く、悪化することが少なくなりました!

③期待できる効果のご注意

マグネシウムは口内炎の予防や治療に効果的だと実感できました。
ただし、人によっては感じ方や結果が異なることがあると思います。
口内炎でお悩みの方は、まずが医師に相談して、自分に合った対策を見つけることが大切です。


マグネシウムのユニークな摂取方法

マグネシウムを摂取する方法はさまざまですが、ユニークな手法の一例として、
マグネシウムオイルを利用する方法があります。以下にその手法を簡単に説明しますね。

マグネシウムオイルの作り方と摂取法:

  1. 材料の準備:
    • 粉末のマグネシウムクロライド(市販のものが利用可能)
    • 温水
    • スプレーボトル
  2. マグネシウムオイルの作成:
    • 温水にマグネシウムクロライドを溶かしてオイルを作ります。濃度は個人の感じ方によりますが、通常は水に対して15~25%の割合で溶かします。
  3. スプレーボトルへ充填:
    • 作成したマグネシウムオイルをスプレーボトルに充填します。
  4. 使用方法:
    • 毎日、皮膚にスプレーして吸収させます。特に足裏や太ももの内側など、吸収が良い部位を選ぶと良いでしょう。

このユニークな方法では、皮膚から直接マグネシウムを吸収することが期待されます。ただし、自身の体調やアレルギーの有無を確認し、適切に摂取するようにしてください。また、疾患や妊娠中の方は事前に医師に相談することをお忘れなく!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?マグネシウムを使用してからしばらく経っていますが、
子供と私の口内炎があまり出なくなって、正直なところかなり安心しています♫

 

今回の調べでは、口内炎においてマグネシウムが有望な解決策となることが分かりました。
食事やサプリメントから適切にマグネシウムを摂取することで、
口内炎の予防や治療が期待できそうです!
これにより、子供たちが快適な口内状態を維持し、日常生活を楽しむお手伝いができるのではないでしょうか。

具体的な効果を実感するまでの期間や程度には個人差があります。
安心して試すためにも、専門家や医師に相談することが大切です。
ぜひとも、マグネシウムの可能性を検討してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました