スポンサーリンク

[近畿地方]今年の梅雨入りは例年より3週間遅い!梅雨明けは早い?

ライフ

6月最後の週を迎えても、関西では、ずっといいお天気が続いていましたね!
蒸し暑いわけでもなく、風は爽やかで、日差しは夏のように暑い日もあって…
とにかく過ごしやすい気候でした。いつもなら雨続きの梅雨の季節のはずですよね。
今年はどうしたことでしょうか。

梅雨に入りがもう発表されているのに、雨が降らないね…。なんて思っておられた方もいらっしゃるのでは?!私もてっきり6月に入ってすぐに梅雨入りしていたのだと思っていました。

実はまだ近畿地方には、梅雨入り宣言がされていなかったのですね!!
そして、6月26日、九州北部と四国、中国、近畿の梅雨入りが一斉に発表されました。
梅雨入りが遅いということは、今年の梅雨は短く終わるのか?!
予想をみていきましょう。

スポンサーリンク

近畿地方の梅雨入りは例年より3週間遅い

6月26日、ようやく近畿の梅雨入りが発表されました!

近畿は平年より19日遅い(昨年より21日遅い)梅雨入りの発表で、統計がある1951年以降で、梅雨入りを特定しなかった1963年(東京オリンピックの前年)を除いて、最も遅い記録のようです

 

台風3号も発生したことで、梅雨前線の活動が活発になるため、梅雨入り早々、大雨になる恐れがあると言われています。ここからずっと雨マークの予報ですね…。いよいよ梅雨です。

梅雨入りが遅いと、梅雨は短くなるの?!

梅雨入りが遅かったのなら、梅雨の期間は短く終わるの?!って思いませんか?

 

今年は過去で一番遅い梅雨の入り。

平年並みだと、梅雨入り6/7~梅雨明け7/21頃  です。

昨年は、梅雨入り6/5~梅雨明け7/9 でした。

 

どうやら、梅雨前線はしっかり居座わりそうです…。7月は雨が多くなりそうです。

平年並みの7月21日まで梅雨が続いたとしても、梅雨の期間は1ヶ月弱と少し短いですね!
もしかしたら、梅雨明けはもっと遅れるかもしれませんが、もう子どもたちは夏休みに入るというのに、終業式の頃には夏らしいお天気にならないと、夏休み気分になれませんね…。

まとめ

近畿地方の今年の梅雨入りは、過去一番遅い梅雨入りだった。
7月の雨量が平年より多くなると予想されている。
梅雨明けは早いわけではなさそうで、平年並みだと7月21日頃になる。
梅雨はまだかなとは思っていましたが、いざ、梅雨入りして、いきなり雨が続くともう梅雨明けが待ち遠しくなってしまいます。
今年は、晴天の6月を堪能させてもらったので、7月はちょっと辛抱ですね!
日本の四季には欠かせない梅雨。今年も梅雨を楽しく乗り切りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました