スポンサーリンク

映画『名探偵ピカチュウ』ピカチュウの声優は西島秀俊だった!日本語吹き替え版の感想も!

トレンド

2019年5月3日から公開されている映画『名探偵ピカチュウ』を観てきました。
子どもたちと一緒だったので、日本語吹き替え版を観ました。
周りを見渡すと、子ども連れのファミリーが多かったように思います。
ハリウッドの手にかかれば、『ポケモン』はどんな仕上がりになるのか…映画の感想などを入れながらまとめました。

[ad]

『名探偵ピカチュウ』のストーリーと見どころ

小さい頃は、ポケモンが大好きだった青年ティム(竹内涼真:声)
母を亡くし、祖母と暮らし、父に愛されていないと思い込み、父親との関係も疎遠になっていたが、父の事故をきっかけに、父が暮らしたアパートを訪ねる。
父の暮らしには、父の自分への愛が詰まっていた事を知り、もう父に会えないことを嘆いていると、
父のパートナーポケモンだったという“ピカチュウ”と出会い、なぜか言葉が分かり会話ができることに戸惑うが、次第にパートナーとしての絆を深めながら、ピカチュウと共に、ポケモンと暮らす街“ライムシティ”で事件に巻き込まれた父の消息をたどる。
二人を手助けしてくれるのが、新米記者のルーシー(飯豊まりえ:声)という女の子とパートナーの“コダック”
敵視していたミュウツーに助けられ、本当の悪を暴き、父との再開。心の溝も埋めることができた。

実写版映像のクオリティにも目を奪われますが、ストーリーも中身の濃い内容で、さすがハリウッド!!でした。

実写版のポケモンは?!

ピカチュウのふわふわな感じとほっぺの赤いのがたまらなく可愛いのですが、本物のように目が動いたり、表情に合わせて眉間にシワが入ったり、鼻がひくひくしたりと、たまりません。
特に、困った顔がめちゃくちゃ可愛いかったです。

クオリティに感動ですね!!本当に実在するみたいに思えてきます。

“ライムシティ”ではポケモンが人間と共存しているのですが、本当にたくさんのリアルなポケモンを見ることができます。その中でも、私が気に入ったのは、パントマイムをする“バリヤード”です。

映画に出てくるポケモンたちは⇒こちら

渡辺謙も出演!“ライムシティ”の刑事:ヨシダ警部補

ハリウッドデビューされている渡辺謙さんが出演されています。
ヨシダ警部補はティムの父と同僚だったので、残されたティムのことが気がかりという役柄です。

ティムの吹き替えをした竹内涼真もチラッと出演?!

竹内涼真さんは吹き替えだけだと思っていたのですが、映画の前半にチラッと出てました!セリフはないのですが、 劇中でポケモントレーナーを演じています!ポケモンボールを投げていましたよ。

出典:シネマトゥデイ

ピカチュウの日本語吹き替えは西島秀俊だった!

ピカチュウの声って、ポケモンアニメでは可愛く「ピカ」とか「ピカチュウ」しか喋りませんが、映画『名探偵ピカチュウ』では、ピカチュウは主人公のティムと普通に会話できるのです。
どんな声なのか気になりますよね。

日本語吹き替えは、西島秀俊さんがピカチュウの声優をしています!

見た目はかわいいのに、中身は“おっさん”?!というキャッチコピーですが、
“おっさん”とまでは言わない程度の声の感じです。
人間の言葉を喋っているということが違和感ありすぎて
確かに見た目の可愛い姿と声のギャップはかなりありますが!!

私は日本語吹き替えしか観ていないので、比べたりできませんが、どの役の声優の方々もピッタリだったのではないでしょうか。

出典:オリコンニュース

まとめ

ピカチュウがハリウッド実写映画デビューとのことで、どんなもんかなと思っていました。
ストーリーまでは、あまり期待していなかったのですが、映像はもちろん、ストーリーもかなり面白かったです。
ポケモンと共存する街“ライムシティ”に住んでみたいなと思いました。すっかり引き込まれています。
普段、アニメのポケモンしか知らない子どもたちにとっては、こんなリアルなポケモンを見るのは初めてで、すごく見入っていました。
現実にいるんじゃないかって思わせるようなリアルなポケモンたちに感動です。
リアルなミュウツーも出てきましたが、こちらもかなりのクオリティーです。
アニメとはまた違って、親子で楽しめましたよ。


この夏休みに観れるポケモン映画では、最新のフル3DCG映像で、またミュウツーが観れるので子どもたちは盛り上がっています。

こちらの記事もどうぞ⇓

ポケモン映画2019【ミュウツーの逆襲EVOLUTION】21年前と比べて今回のみどころ

ポケモン映画2019の前売り券はどこで買える?今年のポケモン特典は?


コメント

タイトルとURLをコピーしました