スポンサーリンク

観葉植物を素人が自然と増やす方法〜ドラセナグローカル復活〜

観葉植物

大型観葉植物の世話を真面目にしようと決めてはや3ヶ月。
枯れかけていたドラセナグローカルが妙な形で復活しようとしています。

前回ご紹介した自然と生えてきた子供たちについてですが、
今の所順調に大きくなってきています。
枯れかけていた観葉植物を復活させるためにいろいろとやってきましたが、
まさか地中から子供がニョキっと生えてくるとは思っていませんでした。
今回焦点を当てているドラセナに関しては今まで全くもって復活の兆しがなかったので
嬉しい反面、意外さに驚いている次第です。

さて、まだたったの3ヶ月ですがドラセナグローカルのこれまでを振り返って
今後につなげていきたいと思います。

ドラセナの3ヶ月

6月

記録の撮り始め(今年6月)はこんな姿だったウチのドラちゃん。
冬の間に少しずつ元気が無くなって葉が萎れていき、
春先になると急速に枯葉が目立つようになってきました。

これはいかん!とこれまで放置気味だった観葉植物たちに意識を向けて
ネットなどでいろいろと調べていくことにした2021年6月。まずは剪定をすることに。
枯れた葉をすべてポキポキと取ったらなんとも貧相なことに。。

散髪したてのプードルかのように細くてひょろひょろな観葉植物となってしまった
ウチのドラセナグローカル。この時はこうしてしまった責任をすごく感じていました。

7〜8月

ゴミを取り除いたり盛り土をしたり直射日光を避けたりなど
土の手入れをちゃんとして、なにより水やりの頻度を極端に少なくしました。

ウチには7つの大型観葉植物が居てドラちゃんと同じく枯れかけていたケンチャヤシ。
すべての鉢に同じくお手入れをしていたのですがいち早く復活の兆しが出たのはこの子。

これに対していつまでたっても変化がなかったドラちゃんですが、
2ヶ月の沈黙を破りとうとう変化が起きました。

小さな芽が出て来た当初は雑草でも生えてきたかな?ぐらいに思っていました。
というのもドラセナ系の観葉植物を復活させる方法はネットなどで調べると
出てくる手法が「挿し木や葉挿し」だったからです。

現在のドラセナ(9月)

相変わらず頭の先っちょにはしぶとく葉が残っています。
ちなみに残り2本の枝は葉が全て抜け落ちてただの棒になっています。

土から自然に生えてきたドラセナグルーカルの子供。
結構なスピードで大きくなってきています。葉も青々としていて健康そう。

両方とも鉢の隅っこに生えてきているので、これはもうとうとう植え替えも視野に
入れるべきでしょうか。なんだか可能性がたくさんありそうでどうしようか迷っています。

この出で立ちはまさしくドラセナグローカル。とっても可愛い子ども観葉植物です。
種を植えたわけでもなく、本当に自然に生まれてきた小さな命感が凄くてかわいい。
これは結構な感動です。大きく育つよう見守っていきますよ〜。

【おまけ】ひょろひょーろ

ドラちゃんの隣で同じく療養中の名もなき観葉植物。ひょろひょーろ。

ドラちゃんと同じく先っちょに残ったわずかな葉っぱ。
ここまでくるとなぜ枯れたり落ちないのか不思議でしょうがないです。

この子にもちょっとした変化があるのですが、この状態からこう着状態が続いています。

枝からひょんと出て来た子葉。これがまた、全然大きくなっていかない。笑
こちらもじっくり様子を見守っていきたいと思います。

まとめ

まだたったの3ヶ月ですがここまで変化が起きるのかと
大型観葉植物の成長を目の前にし少しずつ楽しみが増していく日々です。
やってきたことは新しい土を増やしてあげて水やりのタイミングを正しく行い、
日光の管理を適切にして、最後は定期的に葉水で盛大に全身を洗ってあげることです。
相手は生き物なのでちゃんと見てあげるようにしたのがないよりも大きなことかもしれません。

秋が過ぎると冬がやってきます。それまでにまだまだやることは沢山ありそうです。
私は元来とっても面倒くさがりで実は土をいじるのも虫がいたりで
まったく好きではないのですが、この子たちのために頑張ろうと少しだけ思っています。笑

植え替え、剪定、、、やはりここは外せない行程か。。
気張りすぎず気軽に頑張っていきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました