スポンサーリンク

観葉植物を自然に増やす方法は?ドラセナ編

観葉植物

前回は夏本番を前に全身シャワーの「葉水」
7つの大型観葉植物すべてに執り行い、
土の中の古い酸素や汚れを徹底的に洗い落としました。
ここで言う徹底的とは、作業時間はトータル3時間。
すべての観葉植物を外の駐車場に出してひたすら、
なんどもなんどもシャワーで水をかけ続けるのです。(終わるのは夜!w)

刻は夕方、暑さ真っ盛りの時にやると土の中で水が温水になり根によくないので
特に真夏日の葉水は逆効果になる恐れがあるでしょう。

という言い訳で、ほぼ1ヶ月ブログの更新をサボっていましたが、着実に、
観葉植物たちが成長してきているので経過をご紹介します。

それぞれの成長

パキラ

この子は屋内で健やかに朗らかに順調に育っています。

生まれたばっかりの子葉がとっても可愛くてそのほとんどが大きく育ってくれています♪

ベンガレンシスゴム

この子もパキラと並び順調そのもの。子葉は枝の先っちょから出てきます。

大人の葉はしっかりと厚みがありますが、子葉はへにょへにょw。触り心地が良いです♪

ホンコンカポック

そしてウチの成長度合いナンバー1は相変わらずこの子、ホンコンカポック。

今まで剪定をしたことがないのですが、もうボッサボサに縦横無尽に枝葉を伸ばしています。

アルテシマゴム

上記3種は安定の成長。おそらく初心者のみなさまにもオススメの種ではないでしょうか。

こちらのアルテシマゴムは、なかなか子葉が大きくならず。成長が止まり気味でう〜ん。

ケンチャヤシ

一度は死にかけていたケンチャヤシ。股の間から子葉が出てきた時は大喜びでした。

しかし、ここからの成長イメージがイマイチ。枯れた隣の幹をどうすればいいんだ。。?

ひょろひょろ

ひょろちゃんは、もう悠久の刻を過ごしています。さきっちょの葉がいつまでも落ちないのが謎。

しかしながら、真夏を超えて微々たる変化が!なんと幹から子葉が出てきましたよ〜♪

変なとこから葉っぱ出るのねw。昔みたいにボサボサに戻るといいなあ。

ドラセナグローカル

そしてそして、今回のメインディッシュはこちら。瀕死のドラセナグローカルに変化が!!

いまや先っちょだけボーボー野郎に成り下がり、こちらも悠久の時を過ごしていましたが、、、

土の状態をできうる限り良くしてきたつもり、、およそ2ヶ月間の沈黙を破って、

小さいですが見えるでしょうか。なんと子葉らしきものが土から生えてきたのです。。!
はじめは雑草かな〜と思っていたのですが、成長を見続けていると。

おやおやおや?これは雑草ではない、、ドラセナの子どもだ!!え?こんな感じで生えるの??

瞬く間に大きく成長してきましたよ〜!ちょっと、これはタケノコと同じ理屈なのか!?

最新の子葉・・・?ん〜子ども?兄妹?
大人のほうのドラ木はほとんどただの棒になりつつありますが、
今後この子どもが大きく育って立派な木になっていくのでしょうか。

今後の成長に期待MAXです。

まとめ

はい、7つの大型観葉植物ですがなかなかになんとかかんとか、
成長を続けてくれています。素人でもどうにかなるものなんですね。
一時は冬を越えてもしや全滅か、と思っていたのでひとまずは安心しております。

さて、タイトルにありますドラセナグローカルを勝手に(自然に)増やす方法ですが、
ネットで調べると「挿し木」がメインで紹介されているんですよね。
私は、観葉植物を切ることが未だにできずにいる臆病者なのですが、
枯れかけていてもそのまま手入れだけして生体は放置していたら
なんとまさかのタケノコと同じ増え方をするとは!びっくりしました。

ホントこれには驚きました。だってどこにもそんなこと書いてないんですもん。笑
地中の根っこから?茎が分裂して?地上に葉として出てくる?種のようです。
そう、ドラセナグローカルを増やす方法は、黙ってジッと待つ!

これ、地味に凄くないですか?環境さえあれば延々と増え続けるのでしょうかね。すごい。
ただまあ、まだ安定した「木」になっているわけではないので、要保護観察です。
次回は真夏も過ぎようとしていますので全員「葉水」してやろうと思います。

今年の冬は全員元気に過ごせるように今のうちに色々と整えていかねば!

 

<<<<<『大型観葉植物を復活させる!1ヶ月ぶりの葉水でリフレッシュ!』

コメント

タイトルとURLをコピーしました